スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講演レポート① 朝倉氏 戦国大名への道のり

本日(8/2)一乗学アカデミー主唱であり、北陸中世考古学研究会代表である水野和雄先生の講演に出席する機会に恵まれ「朝倉氏の戦い」について拝聴させていただいた。

先生は、福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館の館長を務められていた方で、朝倉氏に関する著書も多く執筆されている方である。

本日の講演では、大変興味深くまた面白いお話をいくつも聴くことが出来た。
その中の一部を当ブログで3回に分けてご紹介したいと思う。


演題① 朝倉氏 戦国大名への道のり

先生曰く、朝倉氏は戦国大名の先がけ的存在であったとのこと。

250px-Asakura_Yoshikage2.jpg
※画像は11代目、最後の当主朝倉義景の肖像画。

貞治5年(1366)朝倉高景は幕命に従った恩賞として、足利義詮から越前の領地7ヶ所の地頭職を宛がわれた。(宇坂庄、棗庄、東郷庄、坂南本郷、河南下郷、木部島、中野郷)

そして朝倉孝景は奈良興福寺の所領を侵略して越前一国の大名に成り上がった。(荘園制度の崩壊→戦国大名領の形成)

この時代、通常ならば将軍より守護職として任命されるわけだが、それを通り越して一国の主となっていることから戦国大名の先がけと言えるということだ。

しかし守護職任命について実は古証文が残っている。文明3年(1471)足利義昭は朝倉孝景に対し「越前の国守護職のこと、望み申すの旨に任されおわんぬ、委細、右京太夫申すべき也」という御内書を与えているのだ。

だが、この御内書というのは正式な書状ではあるものの、通常の守護職任命時に与えられる御教書が伝わられていないことから上記推察ができるとのことらしい。

ここで話が逸れるが、この越前の国というのはつまり今の福井県のことである。

もともと福井は「福居」と書いたが、あるとき幕府から一通の書状が届いた。そこにはしっかりと「福井藩」の文字が。「いやいやw違いますよw福井じゃなくって福居ですからぁ」などと幕府に言った日にゃぁ、そりゃもうあれですから「まぁ・・・わざわざ幕府に反抗することもあるまい、福井でも良しとすっか」ということでこの日から「福井」と「福居」の両方の表記を使いだしたのである。

それからいくばくかの時が経ったある日、またも幕府から書状が届いた。
「あんたの藩は福井なのか福居なのかどっちなの!?いいかげんどちらかに統一してもらわないとうちとしても困るんだよねぇ。今すぐどっちかに決めてくんないかしら?」と。

以前、幕府から「福井藩」として書状がきたこともあり、幕府に逆らいたくないということで、「あぁもちろんうちは皆様ご存知の通り福井っす!」として以降、福井藩という名称で統一されたのだった。

福井という名前の由来には、もう一説あるがこれは全くのデタラメだそうだ。
北ノ庄城天守台に「福の井」と呼ばれる井戸があり、これが由来で福井となったというものである。

井戸が由来よりも、前述の「福が居る」のほうがなんとなく響きがいいので好きだなぁ。



↓ランキング参加中!ポチってくれると嬉しいです(^^
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 信長の野望online-鳳凰の章
ジャンル : オンラインゲーム

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

神運天林檎

Author:神運天林檎
信長の野望オンライン[真紅鯖 徳川家]
神運天林檎:休止中

新生FFXIV[バハ鯖]
Siegfried Kircheis:休止中

来場者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ぶろく村の新着記事
RSSリンクの表示
フレンドのブログRSS
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。