スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想像力ヲ発揚セヨ

こうも暑いと頭もおかしくなる。

そしてブログネタもない。

というわけで今回は信ONとはまったく関係のないお話でも。



半透明だったiPhone5の輪郭が見え始め、発売日に関しての話があちこちで聞かれるようになった。

当初有力だった8月7日説はほぼ否定され、10月発売の様相を呈している現在、機能面についても様々な憶測が飛び交っている。

近距離データ通信・高速新通信規格・クアッドコアプロセッサ・・・特筆すべきはiDeviceというワイヤレス充電の技術だが、果たしてどうなるのか・・・。

実は私はAppleフリークである。信ONもiMacを使用して(厳密に言うと仮想環境にて)遊んでいる。

Appleの独創性に富んだユーザーインターフェースは少なくとも私を魅了した。
Macintosh,Newton,iMac,iBook,iPod,iPhone,iPadなど、どれも当時の最先端で高度な情報技術の集合体といえる。

iPhoneはここ最近のスマホブームの火付け役として非常に評価されるが、新しい物は発表された瞬間には新しいが、それが浸透するにつれ目新しいものではなくなり、大げさかもしれないが古い物として認識されていってしまう。新しいデバイスが、iPhoneをそのまま踏襲しているだけではおそらく新しくないだろう。時代遅れだ。しっかり新しい物としての位置づけがなされるためには、革新性の高いアイデア、変わり続けるニーズに取り残されることなく変革を怠らない努力が必要だ。

その悪い例としては、ドイツシュレッカー社の倒産が記憶に新しいところだ。

ところで、携帯性・利便性の高さから様々な業種業態の企業が、こぞって機能的なスマホ対応のウェブデザインやアプリを開発する中、最近になって生損保業界におけるスマホへの対応が特に目立ってきている。

たとえば生保の営業が持ち歩く端末はいまやiPadが主流となりつつあるし、各種手続きや商品へのアプローチを容易にするスマホ用アプリ、前方車両接近アラート機能やドライブレコーダー機能のアプリなど次々と新しい試みを行っている。

だが前述の通り、もはやスマホは新しい物としての価値が薄れてきている。いささか遅かったように感じるのは私だけではないはずだ。そして、これに頼るあまり人間の教育がおろそかになっているようでは話にならない。

進化するテクノロジー、これをうまく活用しサービス向上や高水準のKPIの確保を目指すことはいいことだが、人間が介在する必要のない時代にはなってほしくない。

人間はいつまでたっても人間の隣にいたい、隣に誰かがいてほしいと思うわけだよ。

いくらAppleでも心を持ったデバイスは開発できない。

そういやSiri、あれどうにかならんものかね。。。


↓ランキング参加中!ポチってくれると嬉しいです(^^
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 信長の野望online-鳳凰の章
ジャンル : オンラインゲーム

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

神運天林檎

Author:神運天林檎
信長の野望オンライン[真紅鯖 徳川家]
神運天林檎:休止中

新生FFXIV[バハ鯖]
Siegfried Kircheis:休止中

来場者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ぶろく村の新着記事
RSSリンクの表示
フレンドのブログRSS
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。