スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石田三成の三杯のお茶

ある二人の人物との出会い、それが全ての始まりだった。
いや正確には”知り合った”というべきであろうが、ここでは”出会った”と表現したい。
(これはもちろん私が一方的に思っていることであって先方が同じ感覚を抱いているかは分からない)

私は新星から始めた新参で、ほとんど休止しており鳳凰から再度復帰をした所謂”超”初心者である。
だが、信ONの情報収集(つまりは信ON系ブログのチェックだが)は欠かさず行っていた。

その日もいつものようにブログ徘徊をしていた。そしてたまたま何気なく訪れた両雄のブログに衝撃を受けたのである。私の心の岩戸が天手力雄神と天宇受賣命との手によって開かれた瞬間だった。

私は二人にコンタクトをとった。
私はここにいるとアピールしたかったのかもしれない。

初めて行った”お風呂屋さん”で訳も分からず指名した子がどんな子なのかワクワクドキドキ、本当にこの子でよかったのか?という不安を持ちながら今か今かと待合室で待っているような感覚で二人からの返事を待った。

どこの馬の骨とも分からない私の主観に対しての二人からの返事・・・・・それは清廉そのものだった。
当然二人に惹かれた。そしてブログを書きたいという衝動に駆られた。

その衝撃を受けたブログは・・・こ・れ・だ・・・ワントゥスリッ(勝手に紹介ごめんなさい)

☆あっきーの野望 オンライン☆'.・*.・:★

ジゴフミ

さて、出会いといえば・・・
天下分け目の決戦・関が原の戦いで事実上の西軍総大将となり、徳川家康と戦った智将・石田三成が、まだ”佐吉”と呼ばれていた少年時代、長浜城主だった秀吉と初めて出会ったときの話をさせていただこう。

pkg_minikey15.jpg pkg_minikey20.jpg


佐吉(三成)は子供の頃、観音寺という寺に預けられていた。この寺に秀吉御一行が訪れたことにより佐吉少年の運命は大きく変わっていったのである。

鷹狩りに出掛けた秀吉は、帰りに喉が渇いたのでお茶をいただこうと観音寺に立ち寄った。このとき、寺の和尚からお茶を入れて出すよう命じられたのが佐吉だった。和尚も粗相があってはいけないと、預かっていた子供の中で一番賢くて度胸のある佐吉を接待役に選んだわけだ。

こうして秀吉にお茶を出すことになった佐吉であったが、ふとあることに気づく。
「あのサルみたいなお殿様は喉が渇いていると言っているのに熱いお茶を出してもよいのだろうか?もしかして冷たい茶のほうがよいのでは?」と。

しかし世は戦国時代。お茶といえばお湯を沸かして淹れる”熱いお茶”しかなかった。
そこで佐吉は、全く沸いていないぬるいお湯を使い、お椀にたっぷり薄めのお茶を出したのである。

そのお茶を美味しそうに一気に飲み干した秀吉はおかわりを佐吉に言いつけた。

言いつけられた佐吉は、またも考えた。
「さきほどのお茶で喉の渇きは幾許かマシになっているはず。二杯目も同じような熱さと濃さでは物足りなく感じるだろうし、量も一杯目ほどいらないかもしれない。」

今度は、さっきより少し熱めのお茶をお椀に半分ほどの量で秀吉に差し出した。
するとまたも秀吉は美味しそうにこれを一気に飲み干し三杯目のおかわりを言いつけた。

喉の渇きは完全におさまったと感じた佐吉は、今度はお茶そのものを楽しみたいだろうと考え、寺で一番良い茶器に熱くて濃いお茶をお椀にちょっとだけいれて持っていった。

ただお茶を出すだけにもかかわらず相手の立場に立って考えることができる佐吉の気配りに秀吉は大満足。ちょうど人材発掘をしていたこともあり、秀吉は佐吉をスカウトして寺をあとにしたという。

三杯のお茶から始まった二人の信頼関係は秀吉亡き後も続き、三成は秀吉の作った豊臣政権を守るため徳川家康と関が原で天下分け目の大決戦を行う。結果は西軍の敗北。三成は京の六条河原で首をはねられるが、死ぬ間際まで秀吉への忠誠心は揺らぐことはなかったという。

私は三成のように相手の立場にたった考えができていたであろうか?
主観満載の私のコメに対しお二人から返事があったとき私は自分を恥じた。
だが後悔をしているわけではない。

今は偶然のこの出会いも、いつかは(私にとっては)必然になると言い切れる。なぜなら今の私という一人の人間を形成しているもの(つまり、私の考え・行動のファクター)が、過去の出会いと別れ、そして自分が自ら選択してきた道の上にあるからだ。

選べた道は少なかったかもしれない。もしかすると一つしかなかったかもしれない。
いずれにせよ、自分で選択している以上、そこに後悔の念は生じない。

※これからも更新頑張るのでみなさまヨロシクね テヘペロ(・ω<)
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 信長の野望online-鳳凰の章
ジャンル : オンラインゲーム

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

神運天林檎

Author:神運天林檎
信長の野望オンライン[真紅鯖 徳川家]
神運天林檎:休止中

新生FFXIV[バハ鯖]
Siegfried Kircheis:休止中

来場者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ぶろく村の新着記事
RSSリンクの表示
フレンドのブログRSS
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。