スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今川義元「夏山の茂みふきわけもる月は風のひまこそ曇りなりけれ」

桶狭間の戦い・・・今日、多くの人がこの戦いについて理解している事柄は、日本帝国陸軍参謀の研究の結論によるものが大きいとされている

【日本帝国陸軍参謀の研究結論】
-上洛を目指す今川義元は、駿河・遠江・三河の兵(45,000)を率い尾張に侵攻した
-たちまち織田の諸城を陥落させ勝ちに驕っていた今川勢は桶狭間という谷間の窪地にて兵に昼食をとらせていたところ悪天候に見舞われ、雷雨に紛れ山を迂回してきた織田信長の奇襲を受けた
-馬に乗れず輿でしか移動できない今川義元は大軍を擁しながら僅か2,000の織田軍に討ち取られてしまった

というものだが、現在に至っても桶狭間の戦いには謎が多く正確な記録がないことから(信長公記などがあるが断片的な部分が多い)見解も多数存在している

気になるのはこの”今川義元”という人物・・・
多くのゲームや漫画では、小太りでマロ調に描写されており、上記研究結論においても”馬に乗れず輿でしか移動できない”という暗愚なイメージがあるが、「東海一の弓取り」といわれ、事実、彼の代にて最大勢力を迎えていることから、むしろ熾烈な戦国時代を生き抜いた有能な武将といえるのではないだろうか?更に、彼は若い頃に京都にて中国流兵法を学んでいたとされており、また相当用心深い人物であったという見方も出ている

いくら勝ちに驕っていたとはいえ、地理的に不利といえる谷間の窪地に陣取るというのは不自然であり、偵察兵、奇襲兵を配せずに奇襲を受け討ち取られるというのも考えにくいことではないだろうか

imagawar.jpg _ imagawasr.jpg

画像は戦国大戦というカードゲームの今川義元・・・
”東海一の弓取り”の異名に相応しいイケメンですなぁ 左は禍々しさが尋常じゃない
ちなみに、この戦国大戦では岡部元信もえらくかっこよく描写されている

20120414_2.jpg

20120414_1.jpg


↓ランキング参加中!ポチってくれると嬉しいです(^^
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 信長の野望online-鳳凰の章
ジャンル : オンラインゲーム

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

そんな説もあったんだ! 歴史って謎が多いですよね。上杉謙信の女性説。
明智光秀は生きていたとかね。謎が多いから惹かれるんでしょうねぇ。

>キルマシーン一二三さん
いつになく真面目なコメントで戸惑っておりますがw
戦国時代であれば、今のようにテレビや新聞などなかったわけで、おそらく一般の庶民なぞは何が起こってるのかさえ知らないというのも多かったのではないでしょうか。
合戦に関する歴史(私達が知っていると思っている情報)の多くは勝者もしくは敗者側の目線によるところであり、willを含んでおり少なからずとも誇張された伝聞によるところが大きいのでは、と考えています。
まぁいずれにしても、浪漫がありますなぁ( ´ ▽ ` )
プロフィール

神運天林檎

Author:神運天林檎
信長の野望オンライン[真紅鯖 徳川家]
神運天林檎:休止中

新生FFXIV[バハ鯖]
Siegfried Kircheis:休止中

来場者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ぶろく村の新着記事
RSSリンクの表示
フレンドのブログRSS
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。