スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無題

先週火曜日に(2013年1月15日)私が勤めている会社の近くの交差点で交通死亡事故が起きた

私がこの事故のことを知ったのは翌朝(1月16日)のことである

早朝勤務だった同僚から聞かされた

どうやらそこの交差点で死亡事故があったみたいですよ。TVカメラとか来ててニュースにもなってた・・・。

その交差点というのは22時になると点滅信号となる

事故が起きたのは点滅信号となってから数分経ってからだということだった

そして昨日、驚愕の事実が判明する

死亡したのは同じ会社の人間だったのである

部署が違うので交わした言葉は少なく、親しい間柄であったわけではない

それでも何度か会話をしたことがあるし、社内で幾度となくすれ違っておりそのたびに挨拶をしている

だから、そのことを知ったときはもの凄く驚いた

あまりの驚きにしばらく声を出せなかったほどに

だが、同時にとてつもない怒りが込み上げてきた

死亡したのが同じ会社の人間であることを知ったきっかけというのが

人事部長からのメールだったのだが、その内容に腹が立った

メールの配信先も気に入らない

私が勤めている会社は本社が東京にあり、支社が各地にある

私はその支社のうちの一つに勤務しているわけだが、本来であれば社長なり支社長なりがこういったメールを配信してもいいと思うのだが、なぜか人事部長からというのも気に入らない

メール内容全文を載せるわけにはいかないので一部伏字にするが、これがそのメールだ↓

From:**********人事部長
To:Executive Committee役員会議メンバー
CC:*********支社長;*********人事部課長1;*********人事部課長2
Subject:訃報:○○○○社員(○○部○○課)

各位

○○支社で勤務されていた○○社員(48歳)(○○部○○課)が、1月15日(火)午後10時07分、帰宅途中の不慮の事故により永眠されました。
社員一同、謹んで心よりご冥福をお祈り申し上げます。

このご連絡は、ECメンバーの方へご一報でお送りしていますので、必要に応じ部門内への回報のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、通夜・葬儀の日程は未定ですが、○○本部より○○本部長、○○本部より○○本部長がご参列の予定です。

また、ご心痛の中の奥様より、「良い環境の中で仕事ができている、早く会社に慣れたい」ということをご本人から聞いていた、と御礼のお言葉を頂けていると報告がございましたので、申し添えます。

人事部長
○○

このメールを見たとき、失望というか怒りが込み上げてきた

まず気に入らないのは宛先が役員連中であること

なぜ社員全員に送らないのか

「社員一同、謹んで心よりご冥福をお祈り申し上げます」この一文を送る相手を間違えている

役員連中に送るのではなく本当に送るべき相手は親族だ!

次に気に入らない点は、このメールを各役員の裁量によって回送するか否かを判断してもらいたいという意思

人事部長が役員連中宛にメールを配信するのではなく

社長なり支社長なりが社員向けにメールを配信すればまだ心がある

なのにこの会社の役員ときたらまるで心がない

私はそれが一番悲しいんだ

そして追い討ちをかけるかの如く次の一文である

また、ご心痛の中の奥様より、「良い環境の中で仕事ができている、早く会社に慣れたい」ということをご本人から聞いていた、と御礼のお言葉を頂けていると報告がございましたので、申し添えます。

この一文、本当に載せなければいけない文章でしょうか

そしてどこらへんが「御礼」なのでしょうか

実はこの死亡した人は、昨年12月に単身赴任で入社したばかりの人で

地理的にも不慣れ、冬期間の車の運転にも慣れておらず

仕事にもやっと慣れ始めてきたとき事故が起こった


私が本当に言いたいのはここからなんですが

なぜこの人は22時まで仕事をしていたのか(会社の定時は18時)

答えは単純に残業をしていたから・・・

どこの会社にもあると思うが、私の勤める会社には残業が当たり前になっている部署がある

業務量が多すぎる、一人あたりの担当案件数が多すぎるため、その部署の方は毎日22時過ぎまでの残業を余儀なくされている

残業をするもしないも本人の自由なのかもしれないが、残業をしないことには仕事が一向に減らないのである

問題はそこにある

その部署は本社・支社あわせて五つの部があり、その死亡した人は第二部だったが、業務量が部によって異なる

その中でも第二部は中心的な位置づけにより他部より業務量が一段上となっている

簡単な話、五つの部で業務を均等に割ればいいんだよ

なぜそんな簡単なことができないのか

そして残業ありきでの業務体制

これを是正すべきだ

RiskManegementのControlの一つに加えるべきなんだ

こんな簡単なことで人一人の命を守れるんだよ!

たしかに事故はいつなってもおかしくない

何時だろうが起きる時には起きる

だが22時から点滅信号へと切り替わり事故の危険性・リスクが増すのは分かっていたことだ

ましてやその死亡した人の部署は事故を扱う部署であり云わば事故のプロの集団

単にその人の注意不足がもたらした結果であるのは理解している

でもその事故のファクターがあまりにも多すぎた

不慣れな土地、職場、人間関係、そして大量に抱え込まされた業務

挙句の果てにはタイムカード打刻をしないという条件付で休日に出勤させる会社

これはもう、会社に殺されたといっても過言ではない


もうお気づきかもしれないが私は損害保険会社に勤務している

損害保険の社員が事故を起こして死亡してりゃ世話ねえわな

確かにそのとおりである

我々損害保険の社員は車を運転する全ての人の模範とならなければならない

この死亡した人は損害保険のプロ中のプロ

お客様が起こした事故を分析する仕事だ

どういう状況でどのようにして起きたか

この事故は本当に事故なのかそれとも・・・

そういったところを調査する仕事だ

その人間が事故って死ぬなんて考えられない

会社に殺されたんだ

会社に殺されたんだ

最低の会社に

スポンサーサイト

テーマ : 信長の野望Online~鳳凰の章~
ジャンル : オンラインゲーム

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

会社に言ってみてから、どうなったかまたブログで教えて下さい。

怒りはごもっともだと思います。

ただ、メールを配信された方も経験のない事態や上と下の板挟みなどによる考え抜いたメールなのかもしれません。

世代のものの考え方、会社組織のありかた、色々あるかもしれませんが、

まずは、怒りを収めて亡くなられた方のご冥福と残されたご家族のご心痛を思い、
今後の会社のあり方の問題提示などにご尽力くだされば、少しなりとも被害者の方
も報われると思います。

御二方 コメント戴きありがとうございます

人事部長のあまりの稚拙ぶりに怒りが込み上げました
自己責任ではあるのかもしれませんが
あまりにも冷たすぎるやり方に腹がたったのです

残業云々については社内においてこれまで度々問題視されてきたにもかかわらず、なにもチェック機能が働いておらず看過されてきました
検証、チェック、アクションプランの立案、その定期的なレビューをすべきだという声は、私が言うまでもなく既に挙がっていたことなのですが、その進捗のフィードバックもなく・・・

今後の会社の出方に要注目であります

御二方も事故には充分ご留意下さい
ありがとうございました☆

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます
プロフィール

神運天林檎

Author:神運天林檎
信長の野望オンライン[真紅鯖 徳川家]
神運天林檎:休止中

新生FFXIV[バハ鯖]
Siegfried Kircheis:休止中

来場者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ぶろく村の新着記事
RSSリンクの表示
フレンドのブログRSS
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。