スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の火鉢 日照りの雨傘

20120314_1.jpg


俺は、城下町「毒林檎街」にある訓練所・壱に勤める訓練所大将だ。
名前はまだない。

あえて言うならクールでクレバーなナイスガイというところかな。

20120314_2.jpg


主君に仕える家臣を立派な陣形要員(もしくは”歩く紋”役)へと育て上げることが俺に与えられた任務だが時には、主君のお友達(世間では”城とも”と言うらしい)の家臣を育てることもある。

そして今日もまた一人、家臣を育てたいというお友達が俺の元にやってきていた。

「あのぅ すみません・・・」

「はい どちら様で?」

「自分・・・林檎さんの城ともでポコっていーます!うちの家臣が開幕で逃亡準備するんで喝を入れていただけないでしょうか><」

「ほほぅ・・・」

「あと!あと!p狩りで一撃死するんで生命もあげt」

「喝!かぁーーっつ!」

「ひぃ!・・・喝は私ではなく家臣に・・・」

「黙れ!キサマという男は・・・家臣を何だと思っておる!!」

ポコはしょぼくれて頭を垂れている。
ピカッと光り輝く禿頭が美しく眩しかった。

ふっ・・・どうやら俺の「沈黙」が見事に刺さったようだな。

「いあ、大声をあげてすまない。沈黙が効きすぎてしまったな。それより、今からでも遅くはない。ちゃんと行李飯をあげるように。そうすればイヤでも”以心伝心”の仲になるよ。」

俺の「沈黙」が相当効いたのか、目にゴミが入ったのか、ポコは泣き出してしまった。
鼻水もズルズルだ。

ここらでいっちょ良い話でもしてなぐさめてやるのがクールでクレバーなナイスガイってもんだろうな。

「ところで、君は”黒田如水”という御仁をご存知かな?」

ポコは、”まことちゃん”ばりに垂れている鼻水を袖で拭いながら顔を上げ口を開いた。

「・・・それはもう、嫌というほど存じ上げております。こないだなんて、関が原で逆ノックの計にあいましたし;;」

「う・・・む、えー・・・ある時、黒田如水(官兵衛)は息子の長政にこう言ったそうだ。」

お前は夏に火鉢を出し、日照りの時に雨傘をさすのか? と。

物には使い道というものがあって火鉢や雨傘も
使い道を間違えれば全く役に立たないが、冬の火鉢や雨の日の雨傘は無くてはならないものだ。人も同じで、使い方を誤れば無能にも有能にもなる。
家臣は本当にお前に使われて満足しているのか。その辺に気を配れ。


「如水はなぁ、「家中間善悪之帳」という手帳を作り家臣間の友好関係・家臣同士の相性をみて役目を与えていたそうだ。
人は気持ちよく働いてこそ己が役目を果たせるもの。
そういう持論だったようだぜ。まっ気持ちよく働ければモチベーションが上がるってこった」

「は、はひ><」

「それともう一つ・・・大事なことをお前さんに伝えておかねばならない」

・・・ゴクリ

「生命を増やすのはお隣の櫓だよ」

20120314_5.jpg




「す、すんずれぇーーーしやしたぁぁぁぁぁぁぁ

ポコはもんの凄い勢いで隣の櫓へと駆け込んでいった・・・

「ポコ・・・か。侮れん男だ。いつの間にか逃亡準備をしていたとは!次に会うときには良い家臣を育て上げていることだろう。・・・フッ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

あれ??ちょっと待って・・・
そーいや、俺・・・
主君から俸禄って貰ってたっけ??
 
 
 
↓ランキング参加中!ポチってくれると嬉しいです(^^
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 信長の野望online-鳳凰の章
ジャンル : オンラインゲーム

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

神運天林檎

Author:神運天林檎
信長の野望オンライン[真紅鯖 徳川家]
神運天林檎:休止中

新生FFXIV[バハ鯖]
Siegfried Kircheis:休止中

来場者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ぶろく村の新着記事
RSSリンクの表示
フレンドのブログRSS
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。